【毒親チェック】


当サイトは毒親チェックを無料で行うツールです。
チェックには2種類あり、「自分が毒親かをチェックする」ものと「自分の親が毒親なのかをチェックする」ものがあります。
毒親とは子供の人生に悪い影響を与える親のことを言います。
ですが、当事者の親が毒親だと気付かない場合や、子供が毒親のことをこれが普通だと思い込んで毒親だと気が付いていないことがあります。
チェックをすることによって毒親かどうか、また毒親の度合いがわかります。
毒親は、子供に精神的・肉体的虐待がある場合や、育児放棄などがある場合がそれにあたります。
また、親が正しいと思って子供と接していても、それが子供にとって良いとは限りません。
親の好意が子供にとって毒になっている場合もあります。
毒親の改善や払拭は、まず毒親であること、毒親に育てられたという事を明確に認識する事から始まります。
この毒親チェックを、自分を変えるきっかけにしていただけると幸いです。
自分が毒親かチェック 親が毒親かチェック


毒親の解説

毒親とは
毒親になる原因
毒親にならないために
毒親に育てられた場合


毒親とは

毒親とは、「毒になる親」(アメリカの精神医学者スーザンフォワード著)という本から生まれた俗語です。「どくおや」と読みます。
意味は、子供にとって毒のような影響を及ぼす親で、子供が大人になったり親元を離れても悪い影響を与えるものです。
毒親の元で育った子供は、物理的影響(過干渉や搾取など)や精神的影響(トラウマや精神疾患など)を与えられ、長くに渡って悩みの元となることが多くあります。
毒親の言動で代表的なものは、
○虐待
○過干渉・過保護
○無関心
○ネグレクト(育児放棄)
などがあります。
幼少期の子供は家庭が全てです。
親子関係の質は子供の人生に大きな影響を与えます。
毒親はその影響でも悪い影響をもたらす親ということです。


毒親になる原因

親が毒親になる原因は様々なことが考えられますが、一番の原因は親の「人としての未熟さ」が挙げられます
親の自尊心の無さ、依存性、コミュニケーション能力の低さ、ストレス耐性の低さなどがあると毒親になる可能性が高まります。
それは、人として成長しきれていないために起こることばかりです。
ですが、親は最初から親ではありません。親になってから親として成長していくものです。
親がいつまでも成長しようとすることを忘れないことが大切ではないでしょうか。
また、毒親に育てられた場合に、大人になり親となった時に自分がされたことを自分の子供にしてしまうという事もあります。
これは毒親の連鎖とも言えます。
毒親になる原因は本人にもありますが、対外的な影響がある事もあります。


毒親にならないために

毒親にならないためには前述した、親が成長をしようとすることが最も大切です。
大人として心に余裕を持っていれば子供を含む人間関係にも余裕が持てます。
そして、余裕を持つためには自尊心を高く持つ事が必要です。
自尊心を育てるには、今自分が出来る事をやるしかありません。
完璧な親になる必要はありません。諦めず、前を向いて生きていけば人として成長するものです。
ですが、自分ひとりでは難しい事もあります。
そのような場合は、誰かに相談をしたり、カウンセリングを受ける事も必要です。


また、毒親が毒親にならないためには、毒親である原因を見極め、改善していくことが大切です。
そのためにもこのチェックで毒親の原因と度合いを見極める事が必要です。
そしてポイントとしては、
○子供の立場に立って考えられているか
○子供の嫌がる事はしていないか
○子供と自分が同一化(同一視)していないか
○子供を道具にしていないか
を振り返って、それらがあった場合はその根本にある原因を考える事が大切です。


また、毒親に対して周りが目を配る事も必要です。
虐待などがある場合は、当人たちが改善しようとしていない場合があるからです。
外部からの介入が必要だと思われる場合は児童相談所などに連絡をする事も必要です。


毒親に育てられた場合

毒親に育てられ人生に生き辛さを抱えている人は、ある程度成長をしてから『毒親に育てられた』と気付く事がほとんどです。
それは、「幼い頃は家庭が世界の全て」であることが多いからです。
子供がある程度成長し、他の親と比べられるようになったときに自分の親が毒親だとわかります。
ですが、そのときには毒親の影響を受けて生き辛さを持ってしまっています。
そこから改善を行うこととなりますので、大変な作業にはなってしまいます。
また、毒親を子供が変える事は難しいことです。人は本人が変わろうとしなければなかなか変われないものだからです。
ですが、毒親に影響を受けた生きづらさは改善する事は可能です。
自分が変わろうとすれば自分は変われるからです。
毒親に育てられた事を悲観的に捉えないように、自分のための人生を考えていく事が大切です。


また、強いトラウマやフラッシュバックなどの身体的症状がある場合は病院を受診する事も必要です。
毒親が原因で精神疾患になっている場合もありますので、軽視できない事もあります。
心理カウンセリングや、行政機関に相談する事も良いでしょう。
毒親に育てられた場合、重度の症状がある場合もありますのでその時は適切な対処が必要です。
そして、毒親に関連する問題には何らかの対処方法があるはずです。
毒親に育てられた場合は、自分になにが必要なのかを考え、行動する事が大切です。